看護師が疲弊する要因

白衣の天使である看護師は、入院中の支えとなります。入院という大きくストレスが溜まる生活において、患者の心と身体のケアを行う看護師という存在は、なくてはならない存在です。人のためになる仕事がしたい・優しい仕事がしたいといった夢を持ち、多くの人が看護学校という厳しいハードルをクリアして看護師を志します。しかしながら、表情に浮かべる暖かく優しい笑顔の裏で、重く厳しい仕事環境に心を病んでしまっている看護師は数多くいるようです。
心の闇を生んでしまう仕事環境の要因としては、人の命に近い仕事ならではの継続的な緊張状態が挙げられます。また、患者のストレスや家族・社会からのプレッシャーを受け止める、精神的体力の疲弊なども大きな要因として挙げられるようです。統計によると、自治体病院の看護職員の8割が仕事を辞めたいと思っているというデータが出ています。病院という施設の特性上、24時間365日稼働している状態です。それを、3交代ないし2交代で勤務しています。慢性化する看護師不足も相まり、サービス残業の常習化に拍車がかかってしまっているのもその理由の一つでしょう。また、看護学校を卒業して就職できたからそれで終わりではない・日々の激務と並行して勉強を継続していかなければならないというのも疲弊要因です。給与に関しては高めではありますが、心身が受け止められるキャパシティを踏まえると、割の良い給料とはいえないのも現実といえます。
ストレス発散のヒント・・・・・《看護師の心の闇へ一筋の光を


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です